メッセージ

学長 岡本 信明

あなたの創造力を形にする

芸術が、心豊かな活力ある社会の形成にきわめて重要な意義を持つことに異論を挟む人はいないと思います。なぜなら、芸術の創造性(力)はあらゆる垣根を越えて、人と人、文化と文化をつなぎ、新たな「何か」を生みだす基となっているからです。

しかし、創造性(力)を形にすることは容易ではありません。受け身では創造力は生まれてきません。私たちをとりまく社会について、そしてそのなかで生きる自分について、常に問い続けることが必要です。クリエイターは、高い志(こころざし)と信念を持ってその問いに挑み、模索を続けながら、素晴らしい作品を生み、社会に貢献しています。「創ること」とは、自分の生き方の根幹になるものを発見する旅なのかもしれません。

あなたが船出するこれからの旅の出発地として、横浜美術大学は存在します。その母体である学校法人トキワ松学園は、昨年創立100周年を迎えた伝統校です。本学も、前身となるトキワ松学園女子短期大学の創立以来50年、すでに13000人あまりの卒業生を世に送り出し、社会の様々な分野で活躍する人材を育ててきました。昨年度は美術学部美術学科の名称を美術学部「美術・デザイン学科」に変更し内容の充実を図り、今年度は寺田倉庫寄付講座「修復保存コース」を開設。さらに、来年度には「アニメーションコース」を新設予定です。常に時代の流れにより即した美術教育を実施してまいります。

創造力をあなたの作品制作に使うのはもちろんですが、誰かのため、社会のためにも使ってもらいたいと思います。横浜美術大学には、あなたの創造力を育てて形にする、規模は小さいが内容の充実した教育環境があります。

「ハマ美でツクル」未来を切り拓こうとするあなたを横浜美術大学は待っています。

岡本 信明
学校法人トキワ松学園 理事長
横浜美術大学 学長