教育目標

  • 専門的な表現技術の修得
  • 理論的な知識の修得
  • 幅広い教養の修得

美術教育を通して、豊かな人間性と創造性を培い、社会に貢献できる人材を育成するために、上の三つを教育目標としています。

教育のしくみ

年次将来への分野適性を判断する

年次 将来への分野適性を判断する
メインの系とサブの系を1つずつ選ぶ

A
(絵画・彫刻)

絵画コース彫刻コースへの導入の役割を果たします。

1年次・A系
1年次・A系

C
(クラフトデザイン)

クラフトコースプロダクトデザインコーステキスタイルデザインコースへの導入の役割を果たします。

1年次・C系
1年次・C系

メインの系とサブの系を1つずつ選ぶ

年次では、A系(絵画・彫刻)C系(クラフトデザイン)V系(ビジュアルデザイン)の3つのカリキュラムモデルを用意しています。この3つのカリキュラムモデルは、美術及びデザインに関する様々な分野への導入の役割を果たします。それぞれのカリキュラムモデルの主軸となる系と他1分野の知識や基礎的な表現技術を学んだ後に、2年次のコースにつなげます。

デジタル・リテラシー科目年次全学必修)

デジタル・リテラシー科目

今日では、デザイン分野に限らず絵画や彫刻、クラフトにおいてもデジタルスキル(主にコンピュータを用いた表現技術)が必須となっています。横浜美術大学では、全てのカリキュラムモデルにおいて、デジタルスキルを学ぶ「デジタル・リテラシー科目」(必修)を設けています。

  • デジタル表現基礎
  • デジタルプレゼンテーション
  • 映像表現基礎
デジタル・リテラシー科目

年次所属コースを選択する/社会に適応した表現力を習得する

年次 所属コースを選択する
社会に適応した表現力を習得する

コースを1つ選び、高度な表現技術を学び卒業制作につなげる

年次では9つのコースの中から所属するコースを選択し、表現の基盤づくりに取り組みます。
年次では高度な表現技術の習得を目指し、知識・技能のほか、思考力・企画力も養っていきます。また、新たにどのコースからでも「修復保存コースが選択可能です。
年次ではゼミ制による少人数教育により、社会への提言を目標に、一人ひとりが「社会が必要とする表現とは何か?」を追求していきます。

コンテクスト・アーツ科目年次選択必修)

デジタル・リテラシー科目

カテゴリーを越えて進化する現代美術・デザイン界のボーダーレス化に対応するため、2年次後期専門科目に選択必修として設置。「コンテクスト」とは、文脈や前後関係といった意味で、選択コースに関連する周辺実技分野を学び、専門性をより豊かに広げていきます。

  • 日本画演習
  • 電子音楽演習
  • デジタルアニメーション演習
デジタル・リテラシー科目