寺田倉庫寄付講座修復保存コース

作品の修復保存で創造性を社会にいかす

変化の激しい時代に、「確かな技術」と「クリエイティブ視点」により、文化財の「修復保存」を通じて、社会に貢献できる人材を育成します。

1年次、2年次までに培った基礎造形力を活かし、洋画、日本画、紙(版画含む)、工芸と彫刻そして、新しい分野の美術作品(現代アート)の修復保存について学びます。各分野の材料、基底材料等の基礎知識と道具の知識を得て、教材を使用して修復作品の取り扱い方、劣化と損傷を科学的に検証、修復判例に即し、修復の必要性、方針などを検証し、修復方針を立案するプログラムを学びます。さらにクリーニング、補採充填整形等の技術、応急修理と本格修理の違い、修復後の作品経過観察、管理方法、写真撮影、報告書作成、修復終了後の記録の作り方を学びます。

PICK UP 授業!

  • 修復保存
  • 修復保存

修復保存Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

国内及び海外の文化財を始め、身近にある貴重な作品の保護、修復、保存についての技術を学び、修復保存技術者及び文化財アドバイザー等の育成を目的とします。
本授業は以下の四つの要素で構成されています。洋画の修復保存、日本画の模写と修復保存、紙の修復保存、立体作品の修復保存です。修復分野に関わる学生に向けた各分野の材料、基底材などの基礎知識と道具の扱いについて、基礎から学びます。

美術保存

美術保存Ⅰ・Ⅱ

美術保存理論について、各分野で活躍する第一人者を招き学びます。
各種絵具の組成、特徴、原料類や、作品構造及び材料調査、油彩画、紙作品の構造や組成・技法等について、豊富な実例や実際のデモンストレーションを通して理解を深めます。

  • 正修科技大学との交流プログラム
  • 正修科技大学との交流プログラム

正修科技大学との交流プログラム

修復保存に実績のある、台湾・正修科技大学(台湾・高雄市)との、教育・研究およびその他の領域における学術・文化交流を主な目的とした大学間交流協定を締結。
相互間で修復保存の海外研修を行う、インターンシップ・プログラム等を実施します。
「実践グローバル・コミュニケーション演習」(平成30年度開講予定)等の授業で、充実した海外研修の参加・履行をバックアップします。

  • 古美術研修
  • 古美術研修

古美術研修

学外に一定期間滞在して古美術に直接触れる機会を持ち、研修施設での継続した講義と演習を体験することを通じて、日本の伝統的な美術や修復保存に対する知識と技術を深めることを目的としています。

クリエイター・サバイバル論

クリエイター・サバイバル論

変化の激しい時代そして、人工知能が人類を超えてしまう世の中。その中で生き残っていくには、何より「クリエイティブな視点」が重要となります。
本学のあらゆる授業で培ってきたクリエイティブな考え方を伸ばし、自らの強み、弱みを把握して、キャリアを形成してゆくための授業です。
第一線で活躍するクリエイター、美術関係者を招いてのレクチャーや様々なワーク・ショップを通じて実践的に学びます。

カリキュラム

教員紹介

  • 洪 孟啟プロジェクト教授
  • 是川 泰之プロジェクト准教授
  • 上野 淑美
  • 勝尾 岳彦
  • 村上  祥子
  • 神庭 信幸
  • 田川 奈美子
  • 中村  恒克
  • 林  宏
  • 佐久間  年春
  • 石井 皓子

寺田倉庫寄付講座とは?

寺田倉庫は、東京品川・天王洲を拠点とし、スペースを活用するノウハウを駆使するとともに、保存・保管の技術向上を追求している企業です。特に美術品、メディア、ワインといった専門性の高い商品の保管技術において国内外で高い評価を得ており、近年は、文化芸術分野に事業領域を広げています。本学修復保存コースは、寺田倉庫が有する修復保存に関する様々なノウハウを伝授し、支援を受けることによって運営されます。