寺田倉庫寄付講座修復保存コース

作品の修復保存で創造性を社会にいかす

1年次、2年次までに培った基礎造形力を活かし、洋画、日本画、紙(版画含む)、工芸(彫刻含む)の修復保存について学びます。各分野の材料、基底材料等の基礎知識と道具の知識を得て、教材を使用して修復作品の取り扱い方、劣化と損傷を科学的に検証、修復判例に即し、修復の必要性、方針などを検証し、修復方針を立案するプログラムを学びます。さらにクリーニング、補採充填整形等の技術、応急修理と本格修理の違い、修復後の作品経過観察、管理方法、写真撮影、報告書作成、修復終了後の記録の作り方を学びます。

PICK UP 授業!

修復保存Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

国内及び海外の文化財を始め、身近にある貴重な作品の保護、修復、保存についての技術を学び修復保存技術者及び文化財アドバイザーを育成することを目的とします。本授業は四つの要素で構成されています。洋画の修復保存、日本画の模写、紙の修復保存、立体作品の修復保存です。修復分野に関わる学生に向けた各分野の材料、基底材などの基礎知識と道具について学びます。

古美術研修

学外に一定期間滞在して古美術に直接触れる機会を持ち、研修施設での継続した講義と演習を体験することを通じて、日本の伝統的な美術や修復保存に対する知識と技術を深めることを目的としています。

カリキュラム

教員紹介

  • 洪 孟啟プロジェクト教授
  • 是川 泰之プロジェクト准教授
  • 上野 淑美
  • 勝尾 岳彦
  • 村上  祥子
  • 神庭 信幸
  • 田川 奈美子
  • 中村  恒克
  • 林  宏
  • 佐久間  年春
  • 石井 皓子

寺田倉庫寄付講座とは?

寺田倉庫は、東京品川・天王洲を拠点とし、スペースを活用するノウハウを駆使するとともに、保存・保管の技術向上を追求している企業です。特に美術品、メディア、ワインといった専門性の高い商品の保管技術において国内外で高い評価を得ており、近年は、文化芸術分野に事業領域を広げています。本学修復保存コースは、寺田倉庫が有する修復保存に関する様々なノウハウを伝授し、支援を受けることによって運営されます。