クラフトコース

  • クラフトコース イメージ1
  • クラフトコース イメージ2
  • クラフトコース イメージ3
  • クラフトコース イメージ4
  • クラフトコース イメージ5
  • クラフトコース イメージ6
  • クラフトコース イメージ7
クラフトコースで学べること

生活を豊かにする「ものづくり」を柔軟にかんがえよう

木や金属、漆といった素材を自らの手で触れ、そこに眠っているかたちや美を掘り起こしながら新たな世界を生みだすこと。それがわたしたちの考えるクラフト、つまり「ものづくり」の基本です。本コースでは伝統的な工芸技法をベースに器、装身具、家具、工芸作品を制作しながら時代に即した柔軟な感性を養い、わたしたちの生活文化を豊かにするための様々な「ものづくり」について提案できる人材を育成します。

PICK UP 授業!

クラフトコース・授業

クラフト基礎Ⅳ

担当教員
安岡和彦
林宏
松村真

木工技法としての木挽き轆轤による回転体の器制作、刳り物によるスプーン制作、組木、板矧ぎなどによる小机制作など作品制作をとおしてそれぞれの技法の可能性を体得する。又、器の機能と形態の関係を理解し、木材の線的な特性を生かした構造、デザインを意識した設計を学ぶ。

カリキュラム

2年次表現の幅を広げる

クラフト基礎Ⅰ
金属及び木による基礎技法表現
クラフト基礎Ⅱ
陶による表現と各種素材によるPLANNING
クラフト基礎Ⅲ
彫金、鍛金技法を主とした作品制作
クラフト基礎Ⅳ
木工技法を主とした作品制作

3年次腕を磨く

クラフト表現Ⅰ
イメージ力、構成力を磨く課題制作
クラフト表現Ⅱ
全学共通のキーワードから作品を制作
クラフト表現Ⅲ
各自が主題を設定して自由に制作
クラフト表現Ⅳ
主題から展示まで企画立案して作品を発表

4年次作品に仕上げる

クラフト研究Ⅰ
ゼミによる研究制作
クラフト研究Ⅱ
ゼミによる研究制作
卒業制作
豊かな感性で、4年間の集大成作品を制作し、発表

教員紹介

安岡和彦 教授
安岡 和彦教授
YASUOKA Kazuhiko
安岡和彦 教授・作品
専門分野
クラフトデザイン、金工
丸山祐介 助教
丸山 祐介助教
MARUYAMA Yusuke
丸山祐介 助教・作品
専門分野
金属造形、クラフト、ジュエリー
  • 齋藤 良講師
  • 佐藤 忠講師
  • 林 宏講師
  • 藤田 謙講師
  • 松村 真講師
  • 太田 正明助手
  • 齋藤 典子助手