プロダクトデザインコース

  • プロダクトデザインコース イメージ1
  • プロダクトデザインコース イメージ2
  • プロダクトデザインコース イメージ3
  • プロダクトデザインコース イメージ4
  • プロダクトデザインコース イメージ5
  • プロダクトデザインコース イメージ6
  • プロダクトデザインコース イメージ7
プロダクトデザインコースで学べること

これからの「モノ」はどうあるべきかを創造してみる

私たちの生活は様々な製品のおかげで豊かに、そして便利になる一方で、環境破壊や社会格差などの深刻な問題に直面しています。その中で、未来のより良い「モノのありかた」に真摯(しんし)に向き合うデザイナーの役割は、ますます大きなものとなっています。本コースでは、様々なデザインプロセスについて体系的に学びながら、日用品、食器、家具、家電、情報機器、車両、公共設備などのプランニング実践を行い、次代のヒト・モノ・場のありかたを構想します。

PICK UP 授業!

プロダクトデザインコース・授業

プロダクトデザイン基礎Ⅳ

担当教員
山田弘和
桜井龍

プロダクトデザインに必要な2D及び3D設計ツールとして普及しているCADソフトの基本操作を学びます。併せて3Dモデリングソフト等によるデジタルモデリングに加え、スチレンボード、スタイロフォームなどの素材を利用したアナログによるモデル制作を行います。さらに、課題テーマに応じた検討用モデルの実習では、3Dプリンターによる作品制作を体験し、作品プレゼンテーションまでのプロセスを通して総合的に学びます。

カリキュラム

2年次表現の幅を広げる

PD基礎 Ⅰ
金属と木によるデザイン実習「メタルとウッドのデザイン」
PD基礎 Ⅱ
陶土の成形とデザインプロセス実習「セラミックデザイン」
PD基礎 Ⅲ
染め技法とデザインプロセス実習「ファブリックデザイン」
PD基礎 Ⅳ
2D・3D技法とプロダクトデザイン実習「ヒューマンデザイン」

3年次腕を磨く

PD表現 Ⅰ
個環境を支えるデザイン「パーソナルツール」
PD表現 Ⅱ
住環境を支えるデザイン「ハウスウエア」
PD表現 Ⅲ
情報環境を支えるデザイン「インターフェイス」
PD表現 Ⅳ
社会環境を支えるデザイン「パブリック」

4年次作品に仕上げる

PD研究 Ⅰ
ゼミ課題1「ユニバーサル」
PD研究 Ⅱ
ゼミ課題2「サスティナブル」
卒業制作
集大成として、素材、技法を選択し、自由な発想による作品制作に取り組む

教員紹介

山田弘和 教授
山田 弘和教授
YAMADA Hirokazu
山田弘和 教授・作品
専門分野
インダストリアルデザイン、プロダクトプランニング、環境デザイン
辻康介 准教授
辻 康介准教授
TSUJI Kosuke
辻康介 准教授・作品
専門分野
コンセプトメイキング、パーソナルツール、モデリング、色彩学
  • 上綱 久美子講師
  • 川辺 美佳講師
  • 桜井 龍講師
  • 豊田 稔講師
  • 渡辺 仙一郎講師
  • 稲津 あや子助手

コースブログ

2017年03月09日

赤レンガ倉庫 卒業制作選抜展!

本日より、卒業制作展の選抜展が赤レンガ倉庫にてはじまりました! 昨日は搬入作業日でした〜 位置を決めて。。 角度をみたり。。。 ライティングして。。。 疲れたら休憩。 テキスタイル4年生の石井くんの作品は座ったり抱えたり […]
2017年01月20日

3年生講評会〜ハマビポケットパークを作る〜

以前調査風景をお伝えした「ハマビポケットパークを作る」課題。 http://yokohama-art.info/blog/wp/2016/12/05/c-pro/[…]

コースパノラマ写真

プロダクト工房 - Spherical Image - RICOH THETA
プロダクト工房