特待生・奨学金

横浜美術大学奨学生制度

  1. 一般入学試験A日程、B日程のデッサン選択入学選考および指定校推薦入学試験の特待生選抜試験において、特待生として次のとおり授業料が免除されます。
    指定校推薦入試(特待生選抜試験) 成績優秀者7名上限 1年次授業料の2分の1または4分の1を免除
    一般入試A日程、B日程 成績優秀者6名上限 1年次授業料の全額または2分の1を免除
    特待生チャレンジ 成績優秀者10名上限 1年次授業料の2分の1または4分の1を免除
  2. 在学生専攻(入学年次を除く)については、GPA制度による前年度の学業成績が3.3以上で、かつ30単位以上取得した者のうち、各学年上位5名について、特待生として次の通り授業料が免除されます。
    各学年上位1名 在学年次授業料の全額を免除
    次の2名 在学年次授業料の2分の1を免除
    次の2名 在学年次授業料の4分の1を免除

横浜美術大学奨学金制度

在学生(入学年次を除く)で、学修意欲が高く、経済的理由により修学が困難であると認められる者。または、災害等により学費の支弁が著しく困難となるような特別な事由が生じた者の中から専攻のうえ、奨学生として次のとおり授業料が免除されます。

第1種奨学生 当該年度の授業料の全額を免除
第2種奨学生 当該年度の授業料の2分の1を免除
第3種奨学生 当該年度の授業料の4分の1を免除

横浜美術大学私費外国人留学生授業料減免制度

私費外国人留学生のうち次に該当する者の授業料が免除されます。(入学年次を除く)

  1. 保証人の年収が500万円以下または、仕送りが平均月額9万円以下
  2. GPA制度による前年度学業成績が2.0以上かつ30単位以上取得した者
第1種 当該年度の授業料の全額を免除
第2種 当該年度の授業料の2分の1を免除
第3種 当該年度の授業料の4分の1を免除

日本学生支援機構奨学金制度

奨学金とは

経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度です。

「貸与型」奨学金

第一種(無利息) 特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な人に貸与します。
第二種(利息が付くタイプ) 年3%を上限とする(2018年1月現在)利息付です。なお在学中は無利息です。

「給付型」奨学金

経済的に困難な状況にある低所得の生徒に対して、大学等への進学を後押しすることを目的としています。進学前に採用候補者を決定する予約採用により申込みを受け付けています。

緊急・応急採用

家計が急変し緊急に奨学金の必要が生じた場合に貸与します。

入学時特別増額

入学月の分の奨学金の月額に一時金として増額して貸与する利息付の奨学金です。

返還

給付型奨学金を除き、必ず返還する義務があります。返還が困難な場合は「減額返還」や「返還期限猶予」があります。

その他の奨学制度等

本学に募集案内を頂いた団体を掲載してあります。
詳細は、学務課(TEL 045-963-4071)にお問合せください。

あしなが育英会

応募資格、条件
保護者が病気や災害、自死などで死亡したり、それらが原因で著しい後遺障害で働けないため、教育費に困っている家庭の子ども
貸与または給付金額
一般貸与 月額 40,000円
特別貸与 月額 50,000円
貸与期間 最短修業年限
連絡先等

交通遺児育英会

応募資格、条件
保護者等が道路における交通事故で死亡、重い後遺症害により働けず、経済的に修学が困難な学生であり、現在、大学に在学している学生
貸与または給付金額
貸与(無利子) 年4回 月額40,000円、50,000円、60,000円から選択
貸与期間 最短修業年限
連絡先等

茨城県奨学生

応募資格、条件
茨城県内居住の子弟であり、大学、専修学校専門課程に在学していること。健康で修学に十分耐えうること。人物・学業ともに優れていること。学費の支弁が困難と認められること。機構の奨学金貸与を受けていないこと。
貸与または給付金額
貸与(無利子)自宅通学 月額36,000円
自宅外通学 月額40,000円
貸与期間
2018年4月から在学する大学等の正規の修業期間のうち残修業期間中
連絡先等

横浜美術大学出品・発表支援制度

在学生及び卒業生が個展・グループ展・公募展等において出品や研究成果・論文等の発表を行う際にかかる経費を、1人(1グループ)当り50,000円を上限として支援する制度です。