6. 公的研究費の取扱

1) 公的研究費の運営・管理体制

平成26年2月18日「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)の改正が示されました。本学の公的研究費の管理運営に係る責任体系、相談窓口および通報窓口は次のとおりです。

1 責任者
最高管理責任者
学長 公的研究費の運営・管理について最終責任を負い、不正防止対策の基本方針を策定・周知するとともに、これを実施するために必要な措置を講じる。
統括管理責任者
事務局長 最高管理責任者の下、公的研究費の適正な運営・管理及び不正防止対策の基本方針に基づく具体的な対策を策定・実施する。
コンプライアンス推進責任者
学部長 所属する研究者等にかかる公的研究費の運営・管理について責任と権限を持ち、次の業務を所掌する。
  1. 公的研究費の適正な運営・管理及び不正防止対策の基本方針に基づく具体的な対策の実施、実施状況の確認及び実施状況の最高管理責任者への報告
  2. 公的研究費の運営・管理に関わる全ての構成員に対するコンプライアンス教育の実施及び受講状況の管理・監督
  3. 構成員が適切に公的研究費の管理・執行を行っているか等のモニタリング及び必要に応じて行う改善・指導
2 相談等窓口
公的研究費に関する使用ルール等について、学内外からの相談を受け付ける窓口
総務課 TEL 045-963-4189
3 通報窓口
公的研究費の不正使用等について、学内外からの告発等を受け付ける窓口
事務局長 TEL 045-963-4183

▶ 公的研究費の不正使用防止に関する基本方針

▶ 横浜美術大学における公的研究費の取扱及び研究活動における不正行為等の防止規程

▶ 横浜美術大学における公的研究等に関する行動規範

▶ 公的研究費に関する不正防止計画