展覧会・個展情報

内海聖史 個展
「mimic paintings」

絵画・彫刻研究室 内海聖史 講師 個展

擬態する絵画

絵画が四角形であるという事は、建築の内部空間の形をトレースしているという観点から、何度か制作を進めています。
それは、枯れ葉模様の蛾のように、絵画が建築の内部に「擬態」しているとも言えるのではないでしょうか?
そこで、絵画を他の物に擬態させた「擬態する絵画-mimic paintings」を制作いたします。
絵画の形を見直すことで、絵画の新たな解釈に到達する試みです。

内海聖史