横浜美術大学 ノートパソコンの必携について(新入生及び在学生向け)

横浜美術大学では、ディプロマポリシーに掲げた内容を修得し、課題や作品の制作、情報リテラシーや情報処理技術能力の向上を図るために、2023年度の入学生・在学生から、ノートパソコン(以下、ノートPC)を購入もしくは既に持っているPCを利用していただくこととしております。
つきましては、授業でのノートPC利用に備えて持参できるよう、下記によりご準備等をお願いします。

  1. 1年次及び2年次以降コース別推奨仕様について

    1年次及び2年次以降のコース毎に、推奨仕様が異なります。以下のPDF資料をご確認下さい。

  2. 機器の準備について

    下記のいずれかにより、推奨仕様を満たしたノートPCをご準備ください。

    • 本学が委託した販売業者より購入する1、2
    • 家電量販店等で購入する2
    • 既に持っているノートPCを利用する2
  3. ノートPCの活用例

    授業
    • 課題の制作・作成・提出
    • 履修登録や成績閲覧
    • 電子的に配付される授業資料の閲覧
    • インターネットを活用した資料の収集
    • レポートやプレセンテーション資料の発表
    • データの分析 など
    自宅
    • 課題の制作・作成・提出
    • レポートやプレセンテーション資料の作成・提出
    • 遠隔で実施される授業の受講
    • 自学自習など
    その他
    • ポートフォリオの制作
    • 就職活動におけるエントリーシートの作成・提出
    • 就職活動におけるオンライン面接など
  4. 経済的事情により、ノートPCを用意することが困難な方へ

    本学では、経済的事情によりノートPCを用意することが出来なかった新入生・在学生を対象として、家計支持者が下記の基準を満たす希望者に選考の上、本学からノートPCを1年間無償で一時貸与します。
    (台数に限りがあるため、貸与できないケースもございます。)

    経済的理由
    1. 生活保護世帯である者
    2. 入学前1年以内に入学者の主たる家計支持者の死亡、又は入学者本人若しくは主たる家計支持者が風水害等の災害(罹災証明書により証明されたもの)を受けた者
    3. 入学前1年以内に入学者の主たる家計支持者が次のいずれかに該当する者
      • 不慮の事故又は病気により長期療養中
      • 勤務する会社等の倒産又は失職(定年退職、任期満了に伴う退職を除く)
      • 行方不明
    4. 日本学生支援機構給付奨学金の予約採用候補者第Ⅰ区分に決定された者
    ノートPCの一時貸与をご希望の場合は、申請手続きをしていただきます。