ハラスメントのない
キャンパスづくりのために

キャンパス・ハラスメント

キャンパス・ハラスメントとは、就学の場及び職場等において、相手の意に反する不適切な発言・行為を行うことによって、相手側に不快感や不利益を与え、人権を侵害し、教育研究・就学及び労働環境を悪化させることをいいます。教職員学生はいかなるかたちでもこれを行ってはなりません。「この程度なら許される」や「親しさの表れ」というのは、自分勝手な思い込みである場合があります。相手の気持ちや立場を尊重し、どのような言動がハラスメントになるのかを正しく認識しましょう。

キャンパス・ハラスメントとは、性的な言動によるセクシュアル・ハラスメント、勉学・教育・研究に関するアカデミック・ハラスメント、優越的地位や職務上の地位に基づく言動によるパワー・ハラスメントなどがあります。

セクシュアル・ハラスメント

本人の意図するところであるか否かを問わず、教職員、学生等もしくはその他の学校関係者(以下「本学関係者」という)が、他の本学関係者を不快にさせる性的な言動

アカデミック・ハラスメント

教員がその職務上の地位又は権限を不当に利用して他の教職員又は学生等に対して行う研究若しくは教育上又は就学上の不適切な言動

パワー・ハラスメント

教職員がその職務上の地位又は権限を不当に利用して他の教職員に対して行う就労上の不適切な言動

ハラスメント相談員

本学には横浜美術大学ハラスメント委員会規程に基づいて、学内においてキャンパス・ハラスメントが発生した場合に適切に対処しその解決を図るため、下記の相談員を設置しています。相談員をはじめ相談を受けた者には、相談内容や職務上知り得た事項について、守秘義務が課せられています。公平な立場で、プライバシーを守って対応しますので安心してご相談ください。所属する部署にこだわらず、どの相談員にも自由に相談することができます。電話、メール、手紙でも結構です。また、被害者だけではなく、相談を受けた者または被害を目撃した第三者が相談しても構いません。

相談員
  • 安部 定(教授)
  • リースナー 佳子(准教授)
  • 丸山 祐介(助教)
  • 折出 順子(保健師)
  • 斎藤 真奈美(事務職員)
相談専用メール stop-harass@yokohama-art.ac.jp