横浜美術大学 全学休講基準

全学休講となる理由

自然災害や交通機関の運休等により、授業の実施に重大な支障があり、次のいずれかに該当する場合、授業は全学休講とします。

  1. 気象庁から発表される警報で、「暴風警報」、「大雪警報」、「暴風雪警報」が神奈川県全域または、神奈川県東部(「横浜・川崎」「湘南」「三浦半島」)に発令された場合
  2. 暴風雨等の各種自然災害、事故、ストライキ等により次の交通機関の全区間又は一部区間が運休となった場合
    • 東急田園都市線(渋谷駅~中央林間駅区間)
    • 東急バス(青葉台駅~すみよし台区間)
  3. その他、大学が授業の実施に重大な支障があると判断した場合

判断基準時間及び時限

上記Ⅰのいずれかに該当し、全学休講とする場合の判断基準時間と時限は下記のとおりです。

全学休講となる時限 判断基準時間
第1時限 当日 午前7:10
第2時限 当日 午前8:50
第3時限〜第5時限 当日 午前11:10

当日午前6:00時点で、神奈川県東部に暴風警報が発令されている。

午前7:10時点でも暴風警報発令中
第1時限は全学休講となります。
午前7:10時点に、暴風警報解除
第1時限は通常通り行います。

当日午前9:50時点で、田園都市線が一部区間(渋谷駅~二子玉川駅間)運休している

午前11:10時点でも一部区間が運休
第3時限以降は全学休講となります。
午前11:10時点で、全線で運転を再開(遅延等も再開と見なします)
第3時限以降は通常どおり行います。

補講・試験時間等

  • 全学休講とした場合の授業は、原則として、当該学期内に補講を行います。
  • 筆記試験の実施時間については、全学休講判断基準に準じて行います。
    試験を実施できなかった場合は、当該学期内に試験を実施します。
  • 介護等体験や教育実習中の学生は、受入機関の指示に従ってください。