ニュース・トピックス

テキスタイルデザインコース 3年 大森南奈さんが「翔工房 - 学生のアイデア×匠の技」に参加

テキスタイルデザインコース3年生の大森南奈さんが、公益財団法人一宮地場産業ファッションデザインセンター主催の「翔工房 - 学生のアイデア×匠の技」に参加しました。

「翔工房」は、ファッション業界を志向する学生に対して、アパレル製品開発に必要となる企画力を醸成することを目的とした事業です。経験豊富な匠の技を持つ技術者とのコラボレーションを通じて、アイデアやデザインからテキスタイル、ガーメント(衣服)までを見据えたものづくりを体験することできます。

大森さんは、全国19校の大学・専門学校、40名の応募者の中から、第1次書類審査(イメージマップ提出)、第2次審査(プレゼンテーション)を通過し、2016年6月から2017年1月まで愛知・一宮での4回の合同ミーティングを経てオリジナルテキスタイルを匠と共に完成させ、2月23日には一宮市総合体育館で開催された翔工房 2016 作品発表会のファッションショーにおいて最終プレゼンテーションを行いました。現場でのものづくりを通じて知識や企画力を養うことができる貴重な体験となりました。