ニュース・トピックス

青葉6大学連携講座
南條史生 客員教授 特別講演「現代美術羅針盤」のお知らせ

絵を描くものにとって現代とは何なのか? アーティストは何をすべきか? 世界のアーティストはどんな作品を作っているのか? アートは何処へ向かうのか?
森美術館館長を務められている南條史生 客員教授により、世界で繰り広げられている最もホットなアートシーンを紹介していただきます。

南條史生客員教授
客員教授 南條 史生
1949年東京生まれ。 1972年慶應大学大学院経済学部、1977年文学部哲学科美術史学専攻卒業。
1978-86年国際交流基金、1986-90年ICAナゴヤディレクター等を経て 2002年森美術館副館長、2006年11月より現職。これまでに、1988年ヴェニス・ビエンナーレ「アペルト 88 展」コミッショナー、2006年11月より現職。これまでに、1988年ヴェニス・ビエンナーレ「アペルト 88 展」コミッショナー、1997年ヴェニス・ビエンナーレ日本館コミッショナー、1998年台北ビエンナーレコミッショナー、ターナープライズ(英国)審査委員、1999年アジアーパシフィック・トリエンナーレ(オーストラリア)コ・キュレーター、2001年横浜トリエンナーレ2001 アーティスティック・ディレクター、2002年サンパウロ・ビエンナーレ東京部門キュレーター、2005年ヴェニスビエンナーレ金獅子賞国別展示審査員、2006年及び2008年シンガポールビエンナーレ アーティスティック・ディレクター、2016年茨城県北芸術祭 総合ディレクター、2017年ホノルル・ビエンナーレ キュラトリアル・ディレクター等を歴任。
近著に「アートに生きる」(角川書店/2012年)がある。
日時
2017年7月7日(金)
18:10 〜 19:30
会場
横浜美術大学 本館3階 本-31教室