ニュース・トピックス

横浜美術大学×増田セバスチャンプロジェクトの実施について
~世界の4都市を繋ぎ、本学学生のグローバルな視点を育てるために~

Sebastian Masuda  Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-2014
Sebastian Masuda
Colorful Rebellion -Seventh Nightmare- 2014
Wood panel, plastic toy, plushy doll, glass, fabric, acrylic 400 × 500 × 600 cm
Photo by GION

学校法人トキワ松学園 横浜美術大学(神奈川県横浜市 学長:岡本 信明)は、2019年5月9日(木)より、本学客員教授を務めるアートディレクター/アーティストである増田セバスチャンと本学学生が作品及び展覧会の制作を共同で行う『横浜美術大学×増田セバスチャンプロジェクト』をスタートいたします。

同プロジェクトでは、以下二つの展覧会と公演について共同制作を行うことで、アートを通じ世界と繋がり、その成果を社会へ還元していくことの重要性を、体験的に学ぶ機会を創出してまいります。
また、その成果につきましては「横浜美術大学2019芸術祭(2019年10月19日~20日)」に加え、寺田倉庫が運営する「TERRADA Art Complex(東京都品川区)」内の横浜美術大学天王洲サテライト・キャンパスなどで公開する予定です。

横浜美術大学×増田セバスチャンプロジェクト展覧会・公演内容

  • コスチュームとパフォーマンスで著名な、オランダのアーティストであるバスコスタスとのコラボレーションによる作品制作及び展覧会
  • ニューヨークで発表予定の増田セバスチャンによるシアトリカル作品「YES!」(仮)の美術、衣装、小物制作
増田セバスチャン 客員教授

増田セバスチャン 客員教授

アーティスト/アートディレクター
文化庁文化交流使/横浜美術大学客員教授/ニューヨーク大学客員研究員/京都造形芸術大学客員教授

1970年生まれ。90年代より演劇・現代美術の世界で活動をはじめる。 1995年に"Sensational Kawaii"がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアー「Harajuku "Kawaii" Experience」を開催。2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、2015年「KAWAII MONSTER CAFE」プロデュースなど、KAWAII文化を基軸に作品を制作。2014年にニューヨークで個展「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」を開催。第16回文化庁文化交流使としてオランダ、南アフリカ、アンゴラ、ボリビア、ブラジル、アメリカ各地でアート活動を行う。参加型アートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を世界各地で展開中。