ニュース・トピックス

地域連携
4月に開校の県立あおば支援学校の校章を4年生 新田一生さんがデザイン

  • 神奈川県立あおば支援学校 校章
  • 神奈川県立あおば支援学校 開校記念式典
  • 神奈川県立あおば支援学校 開港記念式典

今年4月に開校した神奈川県立あおば支援学校の校章を、ビジュアルコミュニケーションデザインコース 4年生 新田一生さんがデザイン、完成した校章は4月6日の入学式で披露されました。

同校からの依頼のもと、地元の小中学生、住民らから寄せられたデザイン原案203点を基にイメージして制作。
校名の「あおば」をモチーフに、さまざまなサイズや形で構成した葉は、多種多様な考えや個性を持つ児童生徒を表し、中心から外側へと広がる葉と色のグラデーションで児童生徒の成長と社会へ羽ばたく様を表現しています。

11月1日に執り行われた開校記念式典では、同校の横澤孝泰校長より感謝状が授与されました。
新田さんは「この度の貴重な経験に感謝すると共に、あおば支援学校の児童生徒たちの成長と同校が地域に根付き発展していくことを願っています」と話しています。