ニュース・トピックス

産学連携
たくみの里 × 横浜美術大学 連携活動のご紹介

群馬県みなかみ町にある道の駅「たくみの里」を運営するみなかみ農村公園公社と横浜美術大学は、2019年に包括連携協定を締結し、以来、様々なプロジェクトに取り組んでいます。

道の駅のインテリアデザインやエクステリアデザイン、集落内にある「たくみの家」の製品開発、コロナ禍の緊急対応としてのチラシデザインやパッケージデザインなど次々と形になり、今後も本学が関わった製品やイベントがお披露目される予定です。

地域で抱える様々な問題を美術とデザインの力で解決するお手伝いは、本学にとっても学生にとってもまたとない学びと社会接続の機会です。横浜美術大学では産学連携を社会との接続と社会貢献、そして美術とデザインの学びの実践の場として捉え、今後も積極的に取り組んでいきます。