ニュース・トピックス

新型コロナ感染拡大下の新しい学びを探求する
「森美術館・横浜美術大学提携パイロット・プログラム」の開始

上野の森美術館大賞展
【参考画像】森美術館「アナザーエナジー展」ライブ配信実施風景
画像提供:森美術館

新型コロナウイルスの感染拡大により、大学における学びのスタイルは大きく変化しています。横浜美術大学では感染防止対策に万全を期しながら、対面式と遠隔式の混合方式により授業を進めてまいりました。

一方で森美術館はウェブサイトやソーシャルメディアなどデジタルメディアを通して展開するプログラム「MAM(マム)デジタル」を立ち上げ、トークや映像作品上映などオンラインでの活動を積極的に行っています。

こうした状況に鑑み、本学は森美術館との新しい学びを探求するため、「森美術館・横浜美術大学提携パイロット・プログラム」を開始致しました。

本プログラムでは2021年6月から1年間にわたり、両者がコロナ禍において直面している問題や新たな発見を共有し意見交換を行いながら、
学生や教員などを対象としたオンラインによるパイロット・プログラム
を試験的に実施していきます。

活動内容については、本学ウェブサイトで順次発表致します。

横浜美術大学では、新型コロナウイルス感染拡大下における新たな学びの追求と、クリエイターにとって必要な体験機会の提供を積極的に進めています。