ニュース・トピックス

アニメーションコース
「キネコ国際映画祭」イベントスペースにて、ARを利用したワークショップを開催

今年で28回目を迎える日本最大規模の子ども国際映画祭「28th キネコ国際映画祭」(世田谷区共催、東急グループ他協賛)のイベントスペースにて、AR(拡張現実)を使用したアートワークショップ「WING to WONDER 〜拡張現実の不思議な体験〜」を、3月20日・21日に開催しました。

アートワークショップには、約100名の方々が参加。子ども達がその場で描いた絵をデジタル処理し、里山を模したオブジェからなる現実の展示空間に創出・投影することで、楽しく手軽にARを体験していただきました。

本イベントは、アニメーションコース 西尾 巧 教授による指導のもと、修復保存コース 鳥越 義弘 助教、ビジュアルデザイン研究室 小畠 樹泰 助手のサポートにより、アニメーションコースの学生が制作・運営を担当しました。

関連ページ