卒業生に聴く 就職編

卒業生に聴く 蕪木 望さん

蕪木 望さん プロフィール:2008年度グラフィックデザインⅡ(現イラストレーションコース)卒業
株式会社新江州 UVグラフィックスグループ東京営業本部 勤務 デザイナー

大学時代は手描きでイラストばかり描いていました。

蕪木 望さん
2008年度グラフィックデザインⅡ(現イラストレーションコース)卒業 蕪木 望さん

— 今の職業に就くきっかけは?

就職セミナーで会社のブースでデザイナー募集をしていたので、そこで初めて知りました。

— 大学時代はイラストレーションコースで手描きでしたよね。

はい、手描きでイラストばかり描いていました。

— 就職ではデザイン系でと決めていたのですか?

そうですね、デザイン系で出来たらいいな、とぼんやりとしたものはあったのですが、イラストレーターやフォトショップは就職してから本格的にやりました。

— では、入ってからは大変でしたね。会社のイメージはかたい建材系というイメージがあるのですが、意外にそんなこともないということも含めて、入る前と入ってからのイメージの違いはありますか。

入る前は本当にイラストとかグラフィック系で紙を媒体として描いていたのですが、この会社に入ってからは媒体が建材で、ガラス面など大きいものだと3~4ⅿするようなところにグラフィックを考えていくので、スケールの大きさが全然違うのは入ってからびっくりしました。

— イラストを学んだことが活きたことはありますか?

場所によっては結構手書き風のグラフィックをやりたいという案件があるので、そういったところでイラストの経験が活かされることはあります。

仕事は納期が第一優先。自分の好きな作品を1日中思い切り作れるのは学生時代しかない。

蕪木 望さん

— それはいいですね。仕事をしていて一番大変なことはありますか?

やっぱり納期が第一優先なので、お店のオープン日というのはずらせないのでそこに間に合わせるために納品することが一番大変です。

— 学生時代やっておけばよかったかなと思うことはありますか?

もう少しパソコンを使う作業はやっておけばよかったかな、と。

— 今、在学生に伝えたいことをひとことで。

就活も大変だけど自分の好きな作品を1日中思い切り作れるのは今しかないと思うので、ぜひ自分の作りたい作品を思い切り作ってください。

卒業生に聴く 髙野 早紀さん

髙野 早紀さん プロフィール:2012年度絵画コース卒業
クインバッグ株式会社 商品企画 勤務 デザイナー

手描きが要求されるシーンも多く、授業でデッサンをしていたことが役立っている。

髙野 早紀さん
2012年度絵画コース卒業 髙野 早紀さん

— 高野さんは絵画コースからバッグデザインという世界に飛び込んだということですが、それは何がきっかけだったのですか?

きっかけは就職相談室で紹介して頂いたことがきっかけで、元々ファッション系に興味があって、ファッション系でデザイナーの仕事に魅力を感じて応募してみました。

— 極端にいうと、フォトショップやイラストレーターはあまり得意じゃないですか?

ほんとにここにいる皆さんの方が使いこなしているんじゃないかと思うくらいです。絵画コースなので、イラストレーターやフォトショップも授業でやった程度でほとんど苦手でした。

— 入って苦労したのでは?

最初に研修期間が2か月あって、先輩に教えて頂いたり、自分で本を見て学んだりして、ほとんど独学という感じでした。

髙野 早紀さん
会社で作成しているバッグ

— 油絵を見て、手描きが出来るからということで採用されている訳ですから、バッグデザインは最初の原案とかは手でエスキースしたりすることがあるのですか?

そうですね。ほとんどで手描きなのでそのデザインをラフ絵に起こす時も手描きですし、サンプルの依頼書というのも全部手描きで行っています。そのあたりは絵画コースでデッサンしたことが役に立っていると思います。

就職相談室の職員の方に本当にお世話になり、面接の練習を何度もやってもらいました。

髙野 早紀さん

— それでは、応募時や面接のときなど就職活動のときのことを聞かせてください。

こちらの会社が受けるのが初めてで、わからないことだらけだったのでとにかく就職相談室の職員の方に本当にお世話になり、面接の練習を何度もやってもらいました。

— 1社目で決まったということは相性がよかったのですね。

そうですね。うちの会社の経営理念が「お客様に喜んでいただく」をモットーにやっているところが共感して、私も絵を描いたりしていて、誰かが喜んでくれるのがすごく好きだったので、そういうところが共感したのかなと思います。

— それでは、今の在校生にメッセージをお願いします。

私は絵画コースで、イラストレーターやフォトショップなど授業で習う程度しかできなかったですが、勉強できる方はもう少しやっておいた方がよいと思います。

卒業生に聴く 花島 成人さん

花島 成人さん プロフィール:2011年度映像メディアデザインコース卒業
企業カメラマンとして勤務後、フリーへ転向

震災のあった年の就活で苦労も多かった。面接で自分らしさを見せられるかというのが大事。

花島 成人さん
2011年度映像メディアデザインコース卒業 花島 成人さん

— 就職をした後のフリーということなのですが、就職活動の時のことを聞かせてもらえますか?

ちょうど震災のあった年で就活が全体的に2か月ほど遅れていたこともあって、とんでもない人数の人が説明会に来ていました。3~4次面接まで行くと、有名大学の人ばかりになってきて「ここで落ちるな」と思うと案の定落ちてしまいます。3次面接まで来るとだいたいセンスやテクニックのレベルはみんな同等なので、そこでどう面接で自分らしさを見せられるかというのが大事だということがよくわかりました。

— なるほど。

僕は一番最初に受けたところが大手の映像系だったのですが、いきなり最終面接まで進んでしまって、質問内容に対して、少しだけあった知識で知ったかぶりしてしまったことが失敗の原因だったと思います。その後、ある企業を受けたのですが、そこでも最終面接で落ちてしまいました。そこからは後先考えずに卒制に没頭しました。もうすぐ卒業というところで最後のあがきで中途採用しか募集していない制作会社に応募しました。そこで卒業制作を気に入ってもらえて、カメラマンが本命ではなかったのですが、カメラマンとして採用したいと言われて、そこに決めたのが最初の就職です。

同じクラス、コースの仲間と本当に仲良くしておいた方が良い。卒業したら二度と会えないんじゃないかという人も出てくる。

花島 成人さん

— 卒業制作を気に入ってもらえてというのは、花島君以外にも何人かいて、タイミングを逃してしまった人があきらめないで卒業制作をポートフォリオのトップページに入れて決まるということは意外と多いんです。花島くんがその会社にいたのは1年足らずということですが、よく覚えているのが入社してすぐに「100万円預けられたのですが、機材何を買ったらいいですか?」と相談をしてきて、一番良い機材を買っておけと言いましたね。カメラマン採用が初めての会社だったので、機材を全部揃えることが必要だったんですね。でも、そういう経験を経てフリーになれた。学生時代やっておけばよかったことってありますか?

同じクラス、コースの仲間と本当に仲良くしておいた方が良いと思います。就職活動も本当に頑張って、卒業したら二度と会えないんじゃないかという人も出てくるので、羽目を外して遊ぶっていうのも大事です。いろいろやりましたが楽しむことが大事だと思います。

卒業生に聴く 宮田 彩香さん

宮田 彩香さん プロフィール:2011年度グラフィックデザインコース卒業
株式会社スタジオゲット勤務 グラフィックデザイナー

学生の時にやっていたデザインと、会社に入ってからのグラフィックデザインは全く別もの。

宮田 彩香さん
2011年度グラフィックデザインコース卒業 宮田 彩香さん

— 宮田さんも就活をよく頑張っていたな、という印象がとてもありますが。仕事を始めてからの苦労話があったら聞かせて下さい。

学生の時にやっていたデザインと、会社に入ってからのグラフィックデザインは全く別ものって感じですね。

— どういう意味で?

まずイラストレーターやフォトショップの使い方が学生時代にやってきたやり方と異なることがあるということです。一日中、フォトショップやイラストレーターを使っているのですが、広告、チラシなどは正確に真ん中に置いたりとか、きっちり均等に置いたりすることが多いのですが、きれいに整っていないと美しくない。こういった細かいところがたくさんありました。

— 研修など教えてくれる先輩はいましたか?

うちの会社は基本的に研修はなくて、仕事はやりながら自分でどうしていったら早く作業ができるかというのを模索しながらやらなければいけないんです。わからないところで聞けることは聞いて、自分で調べられるところは調べてというのを日々仕事をやりながら、覚えながら、勉強の日々でした。

自分がデザイナーになると決めたなら、最後まであきらめないで就職活動を続けて欲しい。

宮田 彩香さん

— とても頑張っていますね。ちなみに残業とかはどのくらいしているのか?

うちの会社の定時は6時ですが、仕事がないときは帰ることが出来るのですが、ある時は次の朝まで帰れないとか、終電でギリギリ帰るとか、先輩は何日も泊まっていたりするのはザラだったりします。

— その反面、仕事をしていて感動したりすると思うんですけど、喜びみたいなことはありますか?

印刷が上がった刷り上がりが届いた時や、これで店に並びますという実際のモノが手元に届いた時とかに、自分の作った制作物がやっと世に出て人の手に渡るんだなあ、と思うと嬉しくなりますね。

— 学生時代にやっておけばよかったことや、在学生に伝えたいことは?

今しかできない制作物っていうのは本当にあると思います。社会人になってからは学生の時に考えている思考というのが変わってしまうと思うんです。だから学生時代にしか考えられない思考で作品を作るっていうのが大切だと思います。またいろんな展覧会や展示会なんかにも足を運んで見るということも大切だとおもいます。就職活動も自分がデザイナーになると決めたなら、最後まであきらめないで続けて欲しいですね。

Interviewer

ビジュアルデザイン研究室 教授 三橋 純