生涯学習公開講座 2022後期
(9月〜12月)

横浜美術大学 公開講座のご案内(2022後期)
  • 生涯学習公開講座 2022後期
  • 生涯学習公開講座 2022後期
  • 生涯学習公開講座 2022後期

横浜美術大学の生涯学習公開講座は、多くの皆様が楽しみながら美術・造形に親しみ、技術向上も目指せる内容となっており、初心者の方から経験者の方まで幅広く受講していただけます。自然豊かで静かな環境のもと、経験豊かな講師陣が丁寧に指導させていただきます。
またPAS育成プログラムは、美術に関するより一層の知識と技能を高めたい方に、ぜひ取り組んでいただきたいプログラムです。皆様のご受講をお待ちしております。

楽々ステップアップ絵画教室
〜内なる絵心を求めて〜

「絵を描きたいと思って教室に通ってみたけれど続かなかった」「旅先で出会った美しい景色を描きたいと思っても真っ白な画用紙を前にどう描いてよいかわからない・・・」絵は好きだけれどあきらめている方、描いてみたいけれど何から始めてよいかわからないという方におすすめの講座です。指導経験豊富な専門家が個人のペース・レベルに沿ったアドバイスをしていきますので基礎を学びたい人にもさらに絵画表現を探求したい人にも合った内容になっています。
講座B「デッサン 中級編」はすでに講座A「デッサン 初級編」(または過去の「入門編」)を受講した方が対象となります。

公開講座

プラクティカル・アート・スペシャリスト(PAS)育成プログラム

PAS育成プログラム(ロゴ)

横浜美術大学履修証明プログラム「プラクティカル・アート・スペシャリスト(PAS)育成プログラム」(以下、「PAS育成プログラム」といいます。)を実施しています。
これは、文部科学省により履修証明制度が設定され、社会人等の多様なニーズに応じた様々な分野の学習機会が積極的に提供されることへの期待を受け、本学が企画したプログラムです。
本学の「PAS育成プログラム」は、アート一般に関する造形力、鑑賞力、広い知識を育むことで、生活を豊かにできる専門的能力を培うとともに、作家として制作活動も期待できる人材を育成します。修了した方には法律に基づく履修証明書を交付します。

PAS育成プログラムについて

  • 本学で開講している「生涯学習公開講座」と「授業科目」を組み合わせ、総時間数200時間以上の受講が必要です。
  • 生涯学習公開講座へのお申し込みは、「2022年度前期公開講座のご案内」(2022年3月発送)及び「2022年度後期公開講座のご案内」(2022年8月発送予定)をご確認のうえお申し込みください。授業科目の履修については、受付期間を定めておりますので、期間内に申請してください。
  • 「2022年度開講科目シラバス」は、順次公開してまいります。掲載のない授業科目については2021年度のシラバスを参考にしてください。2月末にすべてのシラバスを検索いただけます。

PAS育成プログラム 申し込み手順

横浜美術大学履修証明プログラム履修申請書」を提出(メール添付、FAX)
上記申請書に記載のある「希望コース」に該当する、生涯学習公開講座をお申し込みください。
(講座毎に申し込み締切日を設けていますのでご注意ください。)
本学から送付する「開講科目一覧」より、履修を希望する授業を選び、「科目等履修申請書類」をご提出ください。(郵送、期間内必着)
但し、履修の時期については、生涯学習公開講座の受講と必ずしも同時とは限りませんので、ご留意ください。
<科目等履修生願書受付期間>
  • 前期 2022年2月15日(火) ~ 2月22日(火) 通年科目、前期科目、後期科目の出願が可能です
  • 後期 2022年6月14日(火) ~ 6月21日(火) 後期科目のみ出願が可能です
<履修料>前期分は3月20日(日)、後期分は9月10日(土)までに納入いただきます。
  • 演習・実習科目(実技科目)・・・2単位(実質授業時間45時間)76,000円
  • 講義科目・・・2単位(実質授業時間数22.5時間)70,000円
「PAS育成プログラム」スタートです。