入試Q&A

AO入学試験

Q. AO入学試験について教えてください。

A. AO入学試験は、本学のアドミッション・ポリシーに賛同し、入学を強く希望し、合格した場合は必ず入学する方を対象とします。面接により選考しますが、その際、4つのテーマの中から1つを選択、そのテーマをとおした自己アピールに基づき選考を行います。テーマは(1)「作品持参」(2)「指導付実技」(3)「実績アピール(各種受賞・活動・特技等)」(4)「美術作文」の4つです。この中から自分に適したテーマを1つ選択してください。各テーマの詳細は次のとおりです。(1)「作品持参」自己作品又はポートフォリオを試験日に持参します。作品は描き講習等で制作した作品や「横浜美大ほっとアドバイス」で通信添削を受けた作品も持参できます。(2)「指導付実技」面接の前に教員のアドバイスを受けながら、鉛筆デッサン120分を実施します。描き講習等と同じような形式ですので、事前に練習することも可能です。鉛筆デッサンのモチーフは各自机上で自由に構成します。(3)「実績アピール(各種受賞・活動・特技等)」実績アピール文の内容を含め、面接を実施します。アピール内容( 各種受賞・活動・特技等) を客観的に証明できる書類があればその写しを提出してください。内容は、展覧会における表彰、英検・TOEIC・数検などの検定試験の結果、クラブ活動の成果やボランティア活動での表彰など、美術以外の内容でも幅広くとらえています。具体的内容については、本学に事前にお問い合わせください。(4)「美術作文」募集要項に掲載されている作文課題にもとづき、美術作文を作成し出願時に提出します。美術作文の内容を含め面接を実施します。


Q. 高校で美術の授業が無く、デッサンもほとんど描いたことがないので、実技試験のない入試で受験したいと考えていますが、入学後、授業についていけるか心配です。

A. 本学では、徹底した入学前教育を行っています。定期的に、実技課題のほか、制作に対する心構え等も含め、入学後スムーズに授業に取り組めるよう指導してまいりますので、心配はいりません。


Q. AO 入学試験は、Ⅰ期からⅤ期までとありますが一度受験して不合格だった場合、その後の期に出願できますか?

A. 出願できます。


推薦入学試験

Q. 推薦入学試験の種類について教えてください。

A. 推薦入学試験には、学校長の推薦書を必要とする「指定校推薦入学試験」があります。指定校推薦入学試験には推薦基準があり、各高等学校に通知しています。なお、専願となります。


Q. 高等学校で美術の授業を受けていませんが、推薦入学試験に出願できますか?

A. 出願できます。ただし、指定校推薦入学試験の出願には、学校長の推薦が必要です。


Q. 浪人生ですが、推薦入学試験に出願できますか?

A. 指定校推薦入学試験は、2018年3月卒業見込みの方を対象としていますので、推薦入学試験以外の試験に出願することになります。


一般入学試験

Q. 一般入学試験について教えてください。

A. 一般入学試験には、A日程、B日程、C日程があります。まず、デッサンか学科を選択します。「デッサン選択」は、鉛筆デッサン180分を行います。学科試験は、さらに一般方式とセンター方式の何れかを選択でき、「一般方式」は国語と英語の2科目、各60分を受験、「センター方式」は大学入試センター試験の成績を利用し、選択科目①と選択科目②により点数を算出します。選択科目①は国語、外国語(英語またはフランス語)の2教科3科目より1科目選択。選択科目②は6教科30科目より選択科目①で選択した教科を除く1教科1科目を選択します。なお、「センター方式」を選択した場合、本学の個別学力試験はありませんので来校不要です。

そのほかの入学試験

Q. 一般入学試験、推薦入学試験、AO入学試験の他にどのような入学試験がありますか?

A. ①帰国子女入学試験・社会人入学試験:どちらも試験科目は、試験当日自己作品またはポートフォリオを持参しての面接です。なお、社会人入学試験の出願資格については、2018年4月1日現在20歳以上であり、1年以上の職務経歴を有する方です。出願資格等の詳細については学生募集要項を確認してください。
②自己推薦入学試験:学校長の推薦を必要としない入学試験制度で、合格した場合、必ず入学する方を対象としています。選抜方法は、自己作品持参の面接と調査書になります。
③専門学科・総合学科卒業生入学試験:次の1または2に該当する高等学校の卒業生(卒業見込み)を対象に実施する入学試験です。試験当日自己作品またはポートフォリオを持参しての面接と調査書により判定します。1. 専門学科とは、工業・商業・農業高校など、職業に関する学科を学ぶ高等学校。(専門教育を主とする学科を有する普通課程高等学校を含む)2. 総合学科とは、普通教育と専門教育(各職業学科、理数系、英語科など)とを総合的に学ぶ学科を有する高等学校。出願資格等の詳細については学生募集要項を確認してください。
④外国人留学生入学試験:試験科目は、実技試験(鉛筆デッサン)120分と面接です。出願資格等の詳細については学生募集要項を確認してください。
⑤編入学試験:試験科目は、試験当日自己作品またはポートフォリオを持参しての面接です。出願資格等については、学士入学試験はいずれも3年次生、2年次生を募集いたします。

Q. 面接の「持参作品」について詳しく教えてください。

A. 自己作品またはポートフォリオを試験当日に持参してください。作品は面接時の参考とします。
※描き講習等で制作した作品や「横浜美大ほっとアドバイス」で通信添削を受けた作品も持参できます。
※自己作品・ポートフォリオ貼付用紙を、当日持参する自己作品・ポートフォリオに必ず添付してください。


自己作品:自己作品は、2ないし3点で次のとおりです(1点は過去3年以内に制作した作品に限る)。
①デッサン:デッサン、スケッチ、クロッキーなど
②平面作品:絵画、版画、ポスター、色彩校正(イメージ表現含む)、イラスト、コラージュ、マンガ、キャラクターなど
③立体作品:彫刻(粘土、土、石膏)、立体構成、工芸、フィギュアなど
④映像作品:ショートムービー、アニメーション、写真、CG(コンピュータグラフィックス)など。
作品がデジタルデータの場合は、次の(ⅰ)、(ⅱ)に従うこと。
(ⅰ) 動画:3分程度にまとめたムービーデータ。ファイル形式(拡張子)は、.mov、.mp4、.avi、.flvとする。USBメモリ、DVD-ROM等に保存すること。
(ⅱ) 静止画:写真画質で六つ切ないしA4サイズ程度にプリントアウト(出力)したものに限る。
⑤ 上記①~④以外の作品:アクセサリー、手芸、コスチューム、装飾、パフォーマンスなど
※ 面接時に確認できる機器を持参(携帯電話/スマートフォン、タブレット、PCなど)
ポートフォリオ:ポートフォリオは、A4サイズのファイルに自己作品(3点以上)の写真等をファイリングすること。


Q. 学外で行う(地方会場など)入学試験はありますか?

A. 指定校推薦の会場を、本学以外に2カ所(札幌、福岡)設置いたします。詳細については学生募集要項を確認してください。

特待生制度

Q. 特待生選抜入学試験はありますか?

A. 一般入学試験A日程・B日程、指定校推薦入学試験Ⅰ期(希望者のみ)で特待生を選抜します。指定校推薦の特待生は、特待生を希望する方のみ実技試験(鉛筆デッサン)120分を受けていただき、成績優秀な10名を選抜し、授業料の2分の1または4分の1を免除します。一般入学試験A日程・B日程の特待生は、試験(デッサン選択)の成績により、授業料の全額または2分の1免除を、計6名選抜します。

Q. 特待生チャレンジについて教えてください。

A. 全入学試験区分の合格者のうち希望する方を対象に、鉛筆デッサン180分を課し、成績優秀な者10名を特待生として選抜、1年次の授業料の2分の1または4分の1を免除する制度です。実施日は2018年3月22日(木)です。なお、既に特待生として選抜された方は対象外です。
▶ 特待生・奨学金

検定料・納入金・奨学金・学生生活など…

Q. 合格発表はどのように行いますか?

A. すべての受験者に合否通知書を郵送します。


Q. 過去の入学試験問題を知りたいのですが。

A. 2017年度過去問題に過去の入学試験問題を掲載しています。
送付をご希望の場合は 「資料請求」よりお申込みいただけます。(7月上旬送付開始)


Q. デッサンを練習したいのですが、機会はありますか?

A. 本学では、土曜日または日曜日に「描き講習(デッサン講習)」を開催しています。夏休みには「夏季集中講座」8/2(水)〜8/5(土)を実施します。また、通信添削の「横浜美大ほっとアドバイス」も行っていますので、活用してください。受講料、添削料は無料です。これらの講座で描いたデッサンは、AO入学試験、その他の入学試験の自己作品として持参することが可能です。オープンキャンパスなどの際にデッサンを持参し、アドバイスを受けることもできます。
▶ オープンキャンパス
▶ 描き講習
▶ 横浜美大ほっとアドバイス


Q. 検定料を教えてください

A. 検定料は30,000円です。ただし、一般入学試験A日程・B日程・C日程における学科選択のセンター方式を受験される方は15,000円となります。また、検定料は振込となります。なお、コンビニエンスストアでの支払いもできます。


Q. 納入金について教えてください。

A. 納入金は次のとおりです。この他に、横浜美術大学同窓会(クローバー)からの委託により会費(10,000円)の納入があります。納入は、入学時納入金と一緒です。なお、災害救助法適用地域に居住し、被災された受験生については、本学規程に基づき検定料及び2018年度授業料を免除します。

合計金額 内訳
初年度納入金 入学時(第1期)納入金 第2期納入金
入学金 300,000 300,000 -
授業料 1,100,000 550,000 550,000
施設設備費 280,000 280,000 -
実習費 68,000 34,000 34,000
合計 1,748,000 1,164,000 584,000

(単位:円)

※ 特別な事由により、2018年3月30日13:00までに入学辞退届を提出した場合に限り、入学金を除く納入金を返還します。

▶ 同窓会クローバー・ベル会
▶ 授業料、入学料その他の大学が徴収する費用に関すること
▶ 災害救助法等適用地域で被災された受験生に対する横浜美術大学奨学生制度の適用および入学検定料の免除について


Q. 奨学生制度について教えてください。

A. 横浜美術大学奨学生制度があります。2年次生以上を対象とし、学習意欲が高く、経済的理由により修学が困難であると認められた方に、授業料を免除する制度です。また、在学生特待生制度もあります。その他に日本学生支援機構奨学金制度があり、経済的理由により修学が困難であり、学業成績が優れている学生に対して貸与されます。また、自治体、民間団体等による奨学金または貸付もありますので、入学後詳細をおたずねください。
▶ 特待生・奨学金


Q. 遠距離からの進学を希望していますが、寮はありますか? なければ在学中の住居を紹介してもらえますか?

A. 本学には寮がありませんので、本学提携の学生会館を紹介しています。親元を離れて学ぶ皆さんが充実した学生生活を過ごせるような配慮がなされた施設です。それ以外にも本学学生のみ入居できるアパートや近辺のアパートなども紹介しています。各入学試験終了後に、希望者の方に資料を配付して説明します。
▶ 学生会館・アパート・マンション情報


Q. どんな資格が取得できますか?

A. 次の資格が取得可能です。
□中学校教諭一種免許状(美術)
□高等学校教諭一種免許状(美術)
□ウェブデザイン実務士


Q. クラブ活動について教えてください。

A. 本学のクラブは、弓道、サッカー、スキー・スノーボード、テニスなどの運動系、軽音楽、写真、手話、ジャズブラスバンド、漫画研究などの文化系合わせて20のクラブが活動しています。
▶ クラブ・サークル活動

キャリアサポート

Q. 就職など進路支援について教えてください。

A. 本学では、「アート・デザイン」は社会・企業の全てに関わることである、という考え方の下、その定義を広く捉え、創造的に社会貢献できる人材育成をカリキュラム及びキャリアサポートの両面から行っています。就職・就業のためのカリキュラムとして、平成29年度より「キャリアデザインⅠ~Ⅳ」「クリエイターサバイバル論」とキャリアを考える授業を増設し、4年間を通して計画的に履修することで、社会に出る為の準備を総合的に構築することができます。また、インターンシップ参加による単位認定、企業紹介も行います。その他、1年次コミュニケーション研修合宿を始め、資格取得支援、各種ガイダンス、進路個人面談、学内企業説明会を随時実施しています。個々の希望に合わせ、就職・進学等、多様な進路への可能性を、教職員と就職相談室が連携して支援しています。
▶ 進路・就職

▶ 2017年度過去問題のお申し込みはこちら